自分に正直に生きてるか? ~ラ・ラ・ラ(僕がウソつきになった日)~ THE MAD CAPSULE MARKETS

テンジロウです。

 

古い曲だがお奨めしたい曲がある。

THE MAD CAPSULE MARKETSの初期の曲「ラ・ラ・ラ(僕がウソつきになった日)」

 

他人にウソをついたことがない人っていないと思う。

大きなウソや小さなウソ、良いウソ悪いウソそれは様々だが。

だけど極力みんなウソなんてつきたくないはずだ・・・とおもってるのは俺だけか?

少なくとも俺はできることであればウソなんてつきたくない。

そして大抵の大人が子供たちには「ウソをついてはいけない」と教えるのではないか。

 

だが、その大人達って自分にウソはついてないだろうか?

自分の気持ちにウソをつかず、自分の気持ちに正直に生きているのだろうか。

世の中、多くの大人達が自分の気持ちに蓋をして、自分の心を欺いて、想いに反する人生を生きていないだろうか。

少なくとも俺は自分にウソをついていない・・・なんて言いきれない。

 

今日、久々に「ラ・ラ・ラ(僕がウソつきになった日)」を聴いて胸を抉られる想いがした。

もう少し長い曲であったら、涙が溢れ出したかもしれない。

この曲2分強しかないので助かりました。

 

音源が見つからなかったので貼れませんが。

俺と同じように自分にウソをついて生きている全ての人に聴いてもらいたいと思います。

少々劇薬ですが。

 

HUMANITY

HUMANITY

 

 

 

THE MAD CAPSULE MARKET'S

THE MAD CAPSULE MARKET'S

 

 

 

1990-1996

1990-1996

 

 

「ラ・ラ・ラ(僕がウソつきになった日)」が収録されている3枚のアルバムのリンク貼っておきます。