鬼頭さんと豆まきと

テンジロウです。
今週のお題「わたしの節分」


何かここ最近は恵方巻きとか言われてますけど、
俺達の子供の時はあまり聞かなかったですよね?
どうですか?

やはり節分といえば豆まきじゃないでしょうか?
「鬼は外、福は内」ですね、当たり前のように。
鬼は出ていけ、福はこっち来いってことですかね?


ですが最近になって思うのですが
この件に関して
当の鬼は、どう感じているのでしょうか?
もっと言わせてもらえば、全国の[鬼頭さん]や[鬼塚さん]等の鬼が付く苗字の方は、どう感じていらっしゃるのでしょうか?

先日、[鬼頭さん]とお話をする機会がありまして、豆まきの話題になったのですが、
鬼頭さんの家では「福は内」しか言わないそうです。

「鬼は外」なんて可哀想で胸が張り裂けそうな想いがするそうです。

物事にはいろんな面があるのだと思いました。


[き]は中国の鬼で、[おに]は日本の鬼だそうです。

今でこそ鬼は悪いものの例えになっていますが、古くは[力]を象徴するものだったそうです。
そう思えば[鬼]を呼ぶのも悪くない気がしてきます。

「鬼(力)も内、福も内」

力の使い方は、その人しだいですが。